投資や資産運用を始めてみたいけど、なかなか始められない、という人は多いです。資産運用を始める場合は、知識をつけることが大切です。
無知のまま資産運用を始めてしまうと、トラブルの原因となってしまいます。
ここで資産運用の種類の1つ、先物取引について説明します。先物取引とは、現在の商品価格で、将来の期日に取引をする契約です。
取引をする商品は様々ありますが、大豆、とうもろこし、石油、金などがあります。

先物取引は、取引を契約した以上、値上がりや値下がりをした場合でも、契約した内容通り取引を行う必要があります。
先物取引の特徴として、代金の数パーセントほどの保証金で取引ができるという点があります。レバレッジ効果があるので、資金が少ない場合でも、大きな利益を出すことができるのです。
便利なレバレッジ効果ですが、ハイリターンであれば、ハイリスクであることも頭に入れておく必要があります。先物取引と同じハイリスクハイリターンの資産運用に、FXがあります。

先物取引と相性が良い資産運用として、オプション取引があります。オプション取引とは、将来決めた日時までに、ある値段で買う権利や売る権利などの権利を売買することです。
取引するためには、約定金額の数パーセントのオプション料が必要です。こちらもレバレッジ効果があるので、ハイリターンを得ることができる可能性があります。また、損をした場合でもオプション料だけのリスクで済むのです。
先物取引とオプション取引を併用することで、リスクを減らすことができます。

銘柄について

商品先物取引で取引される銘柄は、身近な物ばかりです。貴金属、ゴム、石油、農産物、砂糖などが取引されています。銘柄は取引所や取引単位などが異なります。まずは銘柄を把握することが大切です。

Read more

注文方法

先物取引の注文方法は、2種類あります。リミットオーダーとマーケットオーダーです。リミットオーダーとは指値注文のことで、マーケットオーダーとは、成行注文のことです。それぞれ特徴が異なります。

Read more

リスクを知っておく

先物取引のような投資をする上で気になるのが、リスクです。投資は種類によって、リスクやリターンの度合いは異なります。先物取引はハイリスクハイリターンの投資です。そのため、大きな利益を得るもできます。

Read more

取引までの流れ

先物取引の流れは、まず営業店に連絡して、それから担当者から説明を受けて審査します。審査が通れば口座を開くことができ、証拠金が預託されて取引を始めることができます。

Read more

オススメリンク